CAT

3次元CADデータを基準として、3次元計測した3D形状データを照合させることで複雑・曲面部品など、従来の検査・計測では出来なかった部品、金型の状態を可視化することができます。
結果として、革新的にスピードUPするだけでなく、現場のノウハウをも組み込み、的確なアクションへ結びつけられます。
また、現物の保管が必要だったものがデータとして保管し時系列な分析も可能となります。

Geomagic

実物モデルの高密度スキャニングデータから簡単・短時間にポリゴン・面データを作成できるソフトウェアです。

spScan

非接触3次元形状測定データからNURBS曲面を作成するリバースエンジニアリングソフトウェアです。

spGauge

3次元CADデータと測定した点群との解析・寸法比較を行う次世代の製品検査支援ツールです。検査業務の自動化・効率化を目指します。

COMET

空間コード化法と三角測量を測定原理とした非接触3次元測定機です。縞模様のパターンを投影することで領域を特定し、CCDカメラで画像を取込み、測定対象物の表面形状を点群データ(STL)として出力できます。