Viewer

3次元データの活用の鍵は、できるだけ多くの人たちに使ってもらうことです。
通常CADにふれることの多い設計者や技術者だけではなく、普段CADを触らない人にも図面ではなく立体モデルを使ってもらい効率を上げる必要があります。
データを見て確認するだけであれば、高価な3次元CADは必要なく、安価で無償のものまであるViewerを利用することにより、形状の計測、断面を切っての確認などが行え、加工性、組立性、サービス性の確認、技術資料、マニュアルの作成も行えます。

3DTascalX

高精度な計測、モデルの検証、2次元図面化、トランスレートが簡単操作で行えるハイスペックビューワです。

XVL

3DCADデータに比較し、1/100程度のサイズに軽量化できるため、大規模な3Dデータの表現を得意としています。

VPS

実機の代わりに3次元デジタルデータを用い、生産準備部門が設計から製造に至るかなめとなり、組立業務を主体としたものづくり検証と伝達を支援します。