Iwate-DE

Iwate-de

ご挨拶

岩手県及び北上市が、地域製造業の競争力強化へ向け、「3次元設計開発人材育成事業」「3次元ものづくり革新事業」としてデジタルエンジニアの育成、3次元デジタル技術支援を行ってまいりました。

H23.からいわてデジタルエンジニア育成センター(いわてDEセンター)は、3次元デジタルものづくりに必要な3D-CAD(設計)/CAM(加工)/CAT・RE(検査・計測、CADデータ化)/PDQ(3次元CADデータ品質)/CAE(シミュレーション)/Viewer(3次元データ共有化)を導入し、それらの指導者を育成するとともに、地域の求職者、在職者、先生、学生の方々へ人材育成としてトレーニングをおこなって行きます。
又、企業様で3次元の設備の選定や、お客様からの3次元データでの取引で、トラブルが起こった場合などの困り事につきましてソリューションサポートもおこなって参ります。
何でも是非ご相談下さい。最後までご一緒にソリューションにてレベルアップを図りましょう。
いつでもいわてDEセンターは、見学できますので一度見に来て頂けましたら幸いです。

事業目的

地域のものづくり産業は、自動車関連を中心として、需要に即応した製品開発と提案型企業への変革が急務になっている。
また、地域全体が産業競争力を強化し持続発展していくためには、企業誘致に加え、自立創造型企業への体質変革、創生を育成することが重要となる。
このため、ものづくり企業の技術革新や自立創造型企業創業へもソリューションサポートシステム環境の整備と、それを担う優れた技術人財の育成が不可欠であることから、今後すべての製造業にとって必須となる3次元CADを中核ツールとし、その3Dデータを活用した周辺ツールを駆使できる高い技術を持つ指導者、企業のキー技術者の育成を目的として実施するものである。

事業内容

  • 1.人財育成事業

    CATIA及びSolidWorksといった3次元CADの操作のみならず、設計の基礎から製造・生産・評価までのものづくり一連の流れをも理解しうる三次元設計開発技術者を養成する講座を開設する。(対象者:求職者、教職員、学生等) ※身障者の方も受講可。

  • 2.企業オーダーメイド型研修

    企業からのニーズに応じたカリキュラムを作成し、従業員研修を行う。

  • 3.技術者指導

    企業等からの三次元設計開発技術に関する疑義等に対して、技術的指導を行う。

  • 4.拠点化事業

    岩手県三次元設計開発人材育成の拠点として、県内での講習会への講師派遣や情報の収集及び発信を行う。

団体名
いわてデジタルエンジニア育成センター(DEセンター)
事業主体
岩手県、北上市、北上川流域地域産業活性化協議会
所在地
岩手県北上市相去町山田2-18 北上オフィスプラザ
設立
2009年7月
常勤職員数
センター長、講師6名、事務 合計8名